慶事と仏事の包み方の違い

慶弔時に風呂敷を使うこともよくありますが、マナーを知らないと
恥ずかしい思いをしてしまいます。

特に慶事と仏事では風呂敷の包み方も違うので確認してから包むように
しましょう。

祝儀や不祝儀の金封を包む時に小さい風呂敷を使う人もいますが、
45センチの中巾を使いお祝い事には明るい色に包み、
お悔やみの場合は地味な色を使うのがマナーです。

お祝儀

祝儀の金封の包み方ですが、まず布を裏にして広げ、金封を中央よりも
少し左寄りに置きます。最初は左に布をかけ次に上にかけ、その後で
下に布をかけます。

最後に右をかけて先端を後ろに回し全体を整えると完成です。

不祝儀の金封の包み方ですが、布を裏にして広げ、金封を中央よりも
少し右寄りに置きます。
最初は右に布をかけ次に下にかけ、その後で
上にかけます。

最後に左をかけて先端を後ろに回し全体を整えると完成です。

弔事は左包みで慶事は右包みと覚えておくといいでしょう。

冠婚葬祭で使う風呂敷には特に決まりはありませんが、弔事には
赤系などおめでたい事をイメージさせる色は避けた方が無難です。

柄は慶事には花や鶴などが入ったものを使い、弔事には蓮や菊などの
シンプルな柄にすることが大事です。

使い分ける

萩なども色が明るければ慶事に使っても構いません。
周りの状況を考えて色や柄を選ぶといいでしょう。

地色がグレーや紫など地味なのに金の模様が入っている風呂敷も
ありますが、慶弔どちらで使っても構いません。

金の部分が多くて気になるようなら慶事で使うといいでしょう。

青でも慶事に使っていけない事はありませんが、男性の場合は
赤は抵抗があるという人もいるので青を使う人も多いです。

紫ならば慶弔どちらでも大丈夫なので紫を持っていると安心です。

仏事で香典を渡す時のマナーはむきだしにして渡すのはマナー違反です。

受付で記帳を済ませたらバッグかの中から風呂敷を取出し、
折りたたんだ布に香典をのせて両手で渡してください。

この時香典は表書きが相手側から見て正しい向きになるように
差し出すことが大事です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です