手土産を風呂敷から出して手渡すタイミング

風呂敷で丁寧に手土産を包んできたのに、渡すときにマナー違反を
しては意味がありません。

手土産を風呂敷から出して手渡すタイミングやマナーについて
しっかりと覚えておくことをおすすめします。

手土産は相手に対する贈り物なので、きちんと渡すことが大切です。

風呂敷に包んだ手土産をどのタイミングで渡したらいいのかわからない、
というときは基本を知っておきましょう。

渡すタイミング

手土産を渡すタイミングは正式な挨拶が済んだ後です。
つまり、部屋に入ってから挨拶をするときに渡します。

もし部屋に入らずに失礼する場合は玄関で相手に受け取ってもらうと
いいでしょう。

このとき一緒に言葉をかけることが大切です。添える言葉は、本来なら
「つまらないものですが」というのですが、最近は別の言葉が主流に
なりつつあるといいます。

たとえば、「お気に召すと良いのですが」というものや「お口に合うか
どうかわかりませんが」、それから「心ばかりですが」という言葉を
添える人も多いということです。

相手に受け取ってもらう時に注意が必要なものもあります。

生花や生鮮食品などはもちろん、アイスなども注意が必要です。

溶けてしまったり、水気を持っているものは部屋に入れないのが
マナーだと考えます。

生花の場合は一言添えて玄関で渡しましょう。
このとき添える言葉は「よろしければ、お部屋に飾って下さい」と
いうものがおすすめです。

アイスや生鮮食品の場合、早く冷蔵庫に入れた方がいいので玄関で渡します。

手土産
添えるときの言葉でよく使う「つまらないものですが」を勘違いしている人も
最近は多いといいます。

「つまらないものですが」の意味は、誠意を持って選んだ品ですが
立派な貴方の前にお出しするとつまらない物のように思える、ということです。

つまらないものとそのまま受け取ってしまうようなことがないように、
きちんと理解することが大切です。

また、風呂敷や紙袋は本来ほこりよけと考えるのが基本だといいます。

ですから、風呂敷や紙袋に入れたまま渡してしまうのは失礼な行為なので、
風呂敷や紙袋から品物を取り出してから渡しましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です