手土産を包んでいた風呂敷は持ち帰る

風呂敷に包まれて持っていった手土産を渡すときのポイントは、
手土産の方向と風呂敷の取り扱い方です。

お店で購入した手土産を風呂敷で包んでいる場合、ホコリ避けの意味で
使用しています。

マナー

このことから手土産を渡すときは、風呂敷に包んだままで相手に渡してしまうのはマナー違反にあたるのです。

手土産を渡すタイミングは正式な挨拶が済んだ後が良いでしょう。正式な挨拶とは部屋に入ってからする挨拶のことを言います。

例外としては部屋に入らずに失礼する場合は玄関で渡します。

手土産を渡すときに添える言葉としては、お気に召すと
良いのですが、お口に合うかどうかわかりませんがとか、
心ばかりですがなどという言葉が良いとされています。

つまらないものですがという言葉は、相手によって他人行儀的な
イメージに受け取られてしまうのでよくありません。

渡すときのポイントは品物を風呂敷から取り出し、正面を相手に
向けて渡します。

風呂敷は品物を取り出したらすぐに畳みます。
その際に品物を置く場所がない場合や、玄関などで立ったままで
渡すときは品物を渡してから畳みます。

そして持ち帰るのがマナーです。

ビジネスシーンで

紙袋に入っている手土産の場合も基本は同じなのですが、急いで
いるときやビジネス上のシーンでは紙袋に入ったまま渡すことも
あります。

急いでいる時などは紙袋に入ったまま渡したほうが相手も持ち運び
しやすいのです。

紙袋のまま渡す際の注意点としては、紙袋の下と取っ手の付け根部分に
手を添えて渡します。

相手が受け取りやすい形で差し出すことが前提です。
一言、紙袋のまま失礼いたしますと言うと良いです。

せっかく持っていった手土産を渡すときに、相手に不愉快な思いを
させてしまわないように注意するようにしましょう。

尚、食べ物を渡した際は一緒に食べたいというような催促をする
素振りは
NGです。

あくまでも相手に差し上げるために用意したものなので、自分も
食べられるという意識は頭の中から排除しておきましょう。